easycare / イージーケア

新メニュー「easycare」は髪質にアプローチします。→朝のお手入れが面倒な方 / ボリュームの出ない方 / 髪の毛が広がって手入れしづらい方 / つむじや前髪が別れてしまう方 / クセ毛が気になる方 / ダメージ毛・艶がない・手触りが悪いとお悩みの方.etc..

お客様のお悩みの救世主となるヘアエステ誕生。


ダメージヘアー、萎れ髪、パサつき毛やクセ毛に毛髪内から働きかけ、うねり、くせ、広がり、パサつき、艶がない、手触りが悪い等長年の髪のお悩みにアプローチします。ナノケラチンとハーブの力で毛髪に水分を補い、髪にハリ・コシ、艶を与え、フラットアイロン等を使用して熱を加えることでより毛髪のコンディションを整えます。
髪のお手入れが楽になる画期的なヘアエステ「easycare」。新たなメニューをぜひお試しください。


メリット

シスチン結合を切らないのでダメージを抑えます。 / キューティクルを整える(艶が出てサラサラになる) / ノンアルカリ・ノン還元剤 / 毛髪内部を補修する(ケラチン・タンパク・11種のハーブ) / イオン(水素)結合を整える / 1.5ヶ月〜3ヶ月ほどお手入れが楽になります(髪質等により異なります) / 毛髪内部を整えて朝のお手入れも楽に / 縮毛矯正やストパーではできないデザインが可能

Flow of easycare:施術の流れ


①プレシャンプー

出来るだけクレンジングシャンプーを使ってください。(髪の毛についている汚れや油分を完全に除去してください)


②タオルドライ

20〜30%程度タオルドライをしてください。シャンプー前に髪の毛の状態が剛毛・縮毛・浸透しづらい毛髪の場合にはイオンコントロールウォーターのご使用をおすすめします。


③イージーケアを塗布

1.5cm〜2cmのスライス幅を取りイージーケア剤を塗布しコームスルーしてください。コームに余るようでしたら付けすぎです。根元から毛先までムラ無くコームスルーする事が大事です。


④ラップをして放置


⑤プレーンリンス

毛髪表面に残ったイージーケアを軽く濯ぎます。濯ぎは軽く流します。この時点でのシャンプーは厳禁です。プレーンリンスの後に髪がしなやかになることを確認してください。


⑥ドライ

良くタオルドライした後、ブラシを使って完全にドライします。


⑦アイロン処理←縮毛矯正はこの⑦のあとに2剤塗布が入りますがイージーケアの場合は不要です。

(主成分をより毛髪内部に浸透、同化をアイロンの熱によって定着させます)取るスライス幅は約1〜1.5cmでスルーの目安回数は煙のようなスチームが薄くなった回数で4〜5回です。(アイロンの温度は、ドライ、ブリーチヘアー、ダメージヘアーには190℃、剛毛、健康毛には200℃〜230℃前後の設定です)


⑧スタイリング

全てアイロン操作が終わりましたらそのまま終了です。ヘアーデザインに合わせてスタイリング。ブローします。ショートヘアでナチュラルなスタイリングをする場合には少し毛髪を濡らしてスタイリングしてください。


・イージーケアの場合、他の商品と違い前処理剤や中間処理剤等を使わないので簡単かつ短時間(縮毛矯正の約半分の時間)でコストダウンがはかれます。毛髪のコンディションに作用し施術後の状態を長持ちさせることを目的とした商品です。

・ケラチンを毛髪内部に定着させ強固にした方がより長く持続するため、施術した日から1日〜2日はシャンプー又はアルカリ剤や還元剤などの施術をしないでくださいとお客様にお伝えください。


※イージーケア塗布後やアイロンの後にトーンが上がる場合がありますが、すすぎ時に色水が出る事はありません。
※イージーケアは縮毛矯正剤ではありません。他の商品と違い前処理剤や中間処理剤が入らないので簡単かつ短時間(縮毛矯正の約半分の時間)でコストダウンがはかれます。

 

PAGE TOP